自分の経験から得た色々な勉強方法を書いていきます。

高校英語

高校生英語のリスニングの勉強方法やコツを伝授。

投稿日:2017年10月3日 更新日:

日本語は毎日使って聞いてます。
英語も同じように聞く環境を作れば、リスニングの成績は自然と上がっていきます。
耳が英語に慣れることが、リスニングには大切になります。
高校生のための英語のリスニングの勉強法を解説します。

映画は字幕で見よう

洋画を日本語の吹き替え版で見てる人は、これからは字幕で見るようにしましょう。
字幕で見ながら、役者さんたちの話す英語の単語を耳で拾っていくようにしましょう。
役者さんたちのセリフを注意して聞いてるうちに、自然と英語が聞き取りやすくなっていきます。
ヘッドフォンをつけて映画を見ると、より役者さんのセリフが耳に入りやすくなります。
テレビでもいいですが、最近は携帯やタブレットでも映画が見れます。
通学中に映画をイヤフォンやヘッドフォンをつけて見るようにしましょう。
もちろん、字幕は残しておきましょう。
耳が英語に少しずつ慣れていきます。

英語のラジオを聞こう

携帯のアプリに、ラジオが聞けるアプリがあります。
ラジオはリスニングを上げるのに、とても役に立ちます。
邦楽の音楽チャンネルをずっと聞くのもいいです。
オススメなのが、日本のニュースを英語で放送しているラジオです。
NHK WORLD RADIO JAPANという番組があります。
この番組は、日本のニュースを英語で話しているラジオです。
すごく聞き取りやすく話しています。
単語も耳で拾いやすくなっています。
日本のニュースなので、人名や単語でこの話題のニュースを説明しているのかと、聞いているうちに理解できてきます。
英語に耳が慣れますし、聴きながら単語の意味や文章の使い方もわかりますので、オススメです。
世界のニュースも聴けますが、まずはNHK WORLD RADIO JAPANで耳を慣れされることから始めてみましょう。
携帯のアプリですが、聴くNEWSというアプリで聴くことができます。
ぜひ、ダウンロードしてみてください。

英語の音楽をたくさん聴こう

最近は、日本のロックバンドも英語歌詞を歌うバンドがたくさん増えました。
歌になると、英語は不思議と聴き取りやすくやすくなります。
良いリズムに乗って頭に入ってくるので、英語が耳で拾いやすくなっています。
聴き取りやすい点を上手く利用して、耳を英語に慣れさせましょう。
みなさんは歌詞は見ていますか?
歌詞を見ながら音楽を聴くと、覚えるのも早くなるので、カラオケにも役に立ちます。
英語の歌詞を見ながら音楽を聴くと、聴きとりにくかった英語の歌詞も、スッと頭に入ってきます。
意外と歌詞を勘違いして覚えていた部分に気がついたりすることもあります。
歌詞を見ながら、分からない英単語の意味が出てきたら、ついでに調べてしまいましょう。
調べて単語を覚えてしまえばいいのです。
オススメのロックバンドはONE OK ROCKです。
ボーカルの英語の発音が素晴らしいので、リスニングの勉強になります。
歌も素晴らしいので、ぜひ聴いてみてください。

CD付きの参考書や単語集を買おう

参考書や単語集のCDは、聞き流しに便利です。
英語は聞き流しているうちに、自然と発音が理解できたり、単語が耳で拾えるようになります。
単語集などは英語の後に日本語訳を言ってくれるのもあります。
これは、まさしく聞き流しに最適です。
リスニングが苦手な人は、日本語訳も言ってくれるCD付きの単語集を買いましょう。
通学途中にずっと聞き流していれば、自然と英語に耳が慣れていき、単語も覚えられるようになります。

NHKの英語講座を見よう

NHK見てますか?
英語講座は、面白いですしわかりやすくて英語の勉強になります。
昔は地味で、あんまり面白くなかったのですが、最近のNHK英語講座は面白いです。
あんまりバラエティ番組ばかり見ていないで、たまには英語講座を見るのをオススメします。
意外と面白いので、ついつい毎週楽しみにしてしまいますよ。

夏フェスのホームページを見よう

サマーソニックを知ってますか?
夏に幕張メッセとマリンスタジアムを使って大規模に行われる、大型野外フェスです。
滅多に見れない、海外のバンドが多数来日します。
サマーソニックのホームページから、アーティスト情報を調べられます。
この時に、代表曲の動画が見れるようになっています。
好きな音楽や気になる音楽ならたくさん調べますよね。
たくさん調べて、音楽をたくさん聴くようにしましょう。
海外のバンドの曲をたくさん聴いて、英語に耳が慣れていけば、リスニング力も上がっていきます。
楽しみながら聴くことで、よりリスニング力は向上していきます。

まとめ 高校生のための英語のリスニングの勉強法

映画は字幕で見よう
英語のラジオを聞こう
英語の音楽をたくさん聴こう
CD付きの参考書や単語集を買おう
NHKの英語講座を見よう
夏フェスのホームページを見よう

以上が高校生のための英語のリスニングの勉強法になります。
耳が英語に慣れていけば、授業でも先生の英語の発音も、楽に耳に入り理解しやすくなります。
英語を毎日聴く環境を作って、リスニング力を上げていきましょう。

-高校英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校生英語の英文法の学習方法やコツを伝授します。

英文法は、高校生の勉強の中でもかなりつまづきやすい教科です。 一度ではなかなか理解できないのが英文法です。 こういう教科こそ基礎固めが大事です。 高校生のための英文法の勉強方法を解説します。 春休みか …

センター試験

センター英語の勉強法は単語、文法、長文読解の勉強順が命!

  今回はセンター試験の英語対策についてお話していきます。 まずセンター試験において、英語という科目は他の科目と比較しても非常に重要な科目です。 というのも、文系、理系に関わらず、ほとんどの …

高校生の英語の定期試験対策のコツを伝授します。

英語の定期試験は、テスト前に単語から覚え始める作業からやり始めると、とてもテストには間に合いません。 英語は予習・復習をしっかりやれば、定期試験前に苦労しないで済んでしまう教科です。 定期試験のための …

高校生の英語。センター試験対策や勉強のコツを伝授します。

センター試験のための勉強は、できれば高校1年生になった時点で考えた方がいいです。 高校3年生から始めることを考えると、かなり時間が足りないです。 高校1年生から計画を立てて勉強すれば、気持ちに余裕を持 …