自分の経験から得た色々な勉強方法を書いていきます。

高校国語

高校生国語の現代文の勉強方法やコツを伝授します。

投稿日:2017年10月15日 更新日:

現代文の授業は、かなり眠くなります。
授業に集中できなくなったら、もう授業内容は頭に入ってこなくなります。
しかし、現代文は点数の取りやすい科目です。
現代文の勉強のコツを解説します。

予習をしっかりする

現代文の授業の前日には、必ず予習をしましょう。
予習の内容は、教科書を読むことです。
3回は読みましょう。
3回読むのですが、1回目はさらっと黙読をしましょう。
2回目は、わからない漢字のチェックをしましょう。
授業中に漢字を調べてしまうと、先生の話を聞き逃してしまいます。
漢字のチェックは前日におこなうようにしましょう。
3回目は、もう一度漢字の確認をしながら黙読しましょう。
そうすれば、ひと通りは話が頭に入れることができます。
少しでも、話の内容を頭に入れておくと、先生の説明がしっかり聞けるようになります。

先生の話をしっかり聞き、大事な文章に線を引く

授業は寝てはいけません。
しっかり先生の話を聞きましょう。
先生が説明することがそのまま出題されるのが、現代文です。
説明しなかった場所は、まずテストに出すことはありません。
現代文は作者の気持ちを表した部分がテストに出ることが多いです。
気持ちを表した部分は、先生が授業中に説明してくれます。
本当はノートに書き写してしっかり覚えたいのですが、時間がありません。
そういう時は、教科書に線を引いたり、カラーペンで印をつけましょう。
あとで、復習する時の目印になります。
現代文の教科書には、いろいろ書き込みをしましょう。
線を引いたり、印をつけたり、ノートに綺麗に書くことよりも、教科書に書き込む作業に集中した方がいい教科になります。

復習は確認作業をしましょう

授業中にたくさん書き込んだ教科書を、家に帰ってもう一度読みましょう。
その時に、漢字の読み方や、先生が授業で指摘した重要ポイントの確認作業をしましょう。
授業に集中してれば、確認作業もすぐ終わります。
現代文は、予習と復習がしっかりできていれば、テスト前は確認作業だけで終わることができます。
現代文の勉強に時間をかけずに、他の教科に時間をかけることができます。
現代文は、授業と予習復習で済ませるという強い気持ちを持つことも大事です。
そうすれば、余計なテスト勉強時間を減らすことができます。

本や漫画を読む習慣をつけよう

現代文の読解力をつけるには、たくさん本を読むのが一番いい方法になります。
漫画でもいいです。
大事なのは、目で字を捉えて頭で理解することです。
漫画は絵が書いてあるので、文章の内容を頭に想像しやすくなってます。
文字だらけの本だと、想像ができないので飽きてしまいます。
最初は漫画をたくさん読みましょう。
たまにでいいので、小説を読む時間を作るようにしましょう。
ジャンルは推理小説がオススメです。
推理小説も、頭で想像しやすくなっています。
こうやって、だんだん文章を読むことに慣れていけば、早く読めるようになります。
早く読めて、内容もすぐ頭に入るようになります。
現代文は長文読解があるので、文章を早く読めることはかなり大事になります。
毎日30分でも、本や漫画を読む習慣をつけるようにしましょう。
新聞や週刊誌でも構いません。

現代文の長文読解力を上げる方法

先ほど、長文読解力を上げるには、文章を早く読めることが大事だと話しました。
文章を早く読んで理解するのは、簡単な内容の文章だとすぐ理解することができます。
しかし、ここで難しい内容の本にチャレンジもしてみてください。
字だらけの哲学書や医学書、経済書もオススメです。
難しくて理解できないことがたくさんあります。
なんだこれ?という内容の話ばかりです。
このチャレンジは、長い休みの時にやってみてください。
難しい本を読んでから、現代文の文章を読んでみてください。
内容がすごく簡単になり、理解がしやすくなります。
現代文の文章の方が、丁寧でわかりやすく書いてあります。
難しい本は、マニアックな内容で書いてあります。
難しい言い回しで書いてある本に慣れてしまうと、現代文の文章は本当に簡単で理解がしやすく感じます。
文章を早く読めるようになるために、長い休みの日は難しい内容の本にチャレンジしてみましょう。

まとめ 高校生のための現代文の勉強法

予習で3回は教科書を黙読する
先生の話はしっかり聞いて、大事な内容に線を引く
復習は教科書にメモしたことをしっかり確認する
本や漫画を読む習慣をつける
長い休みの時は、難しい内容の読書にチャレンジしよう

以上が、高校生の現代文の勉強法になります。

高校生の現代文は、本をたくさん読んで、長文読解力をつけるのがポイントになります。
最初は簡単な内容の小説や漫画からで大丈夫です。
慣れてきたら、難しい内容の本にもチャレンジしましょう。
文章に慣れて早く内容を理解できるようになることが、現代文の成績アップのポイントになります。
本をたくさん読んで、現代文の成績アップをしましょう。

-高校国語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした