自分の経験から得た色々な勉強方法を書いていきます。

小学算数

小学生の算数の勉強法!日常の勉強と中学受験は別物です

投稿日:

小学算数

 

小学生の勉強法と聞くと「小学生のうちからそんなに力を入れて勉強する必要があるの?」と思われる方もいるかもしれません。

確かに、中学生や高校生と比べると小学生は机にかじりついて勉強するイメージはあまりないかもしれません。

どちらかといえば元気に外を走り回ったり、友達と遊んでいる印象の方が強いでしょう。

しかし、小学校の算数をしっかり身につけておくことは非常に重要です。その理由は算数、数学といった学問の体系にあります。

 

小学生算数を理解していないとその後の数学にはついていけない

 

例えば社会や理科などの暗記の多い科目だと、小学校の勉強と中学校以降の勉強はある程度独立しています。

つまり、小学校の勉強をあまり理解していなくても中学校から頑張れば中学校の暗記科目を理解することはできるのです。

しかし数学の場合はそうはいきません。

小学校の算数を理解していなければ中学校の数学は理解できませんし、中学校の数学を理解していなければ高校の数学も理解できません。

算数、数学という科目は段階的に理解していく構造になっており、途中の段階で一つでも躓いてしまうと先には進めないのです。

つまり、基礎の基礎である小学校の算数は他の暗記科目以上に重要なのです。

 

これは小学校の算数だけをとっても同じことが言えます。

例えば1年生で習う足し算、2年生で習う掛け算を理解しないと、その後の算数についていくことは困難です。

 

大事なのは学校の授業

 

とはいえ、中学、高校の数学と違って小学校の算数は簡単です。

まずは学校の授業をしっかり聞いて理解することが非常に重要です。

基本的に学校の授業さえきちんと聞いていれば、特別な勉強をしなくても十分理解できるでしょう。

ただし、中学校以降の勉強と同様にわからなかったところはしっかりと理解できるまで復習することが重要です。

学校のテストも100%正解できるまで何度も復習しましょう。

 

中学受験をする場合は例外

 

ただし、学校の授業さえ聞いていれば大丈夫なのは中学受験をしない場合に限ります。

中学受験をする場合は学校で習わないような問題が当たり前のように出てきます。

さらに高校受験、大学受験と比べても受ける中学によって出題傾向もレベルも全然違います。

中学受験にむけた算数を勉強する場合はまず過去問に目を通してどのような出題傾向であるかをチェックするのが最優先です。

小学校では方程式を習わないため、中学受験数学では「つるかめ算」や「旅人算」などと呼ばれる、中学受験数学にしか登場しない独特の解き方があります。

これもある程度勉強すれば慣れますが、学校の授業を聞いていただけでは到底身につくようなものではありません。

中学受験算数は学校で習う算数とは別物ととらえましょう。

塾によってはその志望校に特化したコースがあったりします。

塾に通うのも一つの手です。

 

まとめ

 

  • 小学生の算数の勉強法のポイントは、
  • 日常の学習であれば学校授業をしっかり理解すること
  • 中学受験をするのであれば過去問に目を通し、それに合わせた勉強をすること

となります。

算数は今後の数学を学ぶ上でも必須ですし、数学に比べて日常で使う機会もずっと多いです。

小学生のうちにしっかり身につけておきたいですね。

-小学算数

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした